25歳独身男性公務員のビッチ体験

私はインターネットの出会い系サイトを利用していつもビッチとの出会いを果たし、そしてビッチとの肉体関係を結んできました。
ビッチは肉体関係を求めてインターネットの出会い系サイトを利用している場合が多く、インターネットの出会い系サイトはビッチ
私は日頃から風俗店などを利用して自分の性欲を満たす事も行っていますが、やはり風俗店の様なプロの女性との肉体関係ではなく、素人である一般人女性との肉体関係は何物にも変えがたい快感があります。

私は現在、インターネットの出会い系サイトを利用して割り切ったお付き合いをしている女性が全部で5人ほど居ます。

私が参考にしたのは、ビッチをセフレにした体験記【メンヘラビッチの完全ビッチ化計画】というサイトに書かれている方法です。

その女性達の内訳としては現役の女子大生が一人、30代後半のぽっちゃり体型の人妻が一人、30代前半の熟女が一人、30代後半の家事手伝い女性が一人、そして20歳の専門学校生の女の子が一人の合わせて5人の女性達と私は定期的に連絡を取り合い、そしてお互いの都合の良い時にラブホテルでセックスをする様にしているのです。

そして私はこの5人以外の女性と新たな出会いを求めて、先日もいつもの様に自宅マンションのリビングで私のスマートフォンからインターネットの出会い系サイトにアクセスして書き込みを行っていました。
その日は会社が休みの土曜日で午前中からまったりとインターネットの出会い系サイトをスマートフォンでアクセスして利用し、私は「割り切ったお付き合いを希望します。出来るだけ変態的なセックスが出来る女性を希望します。」と書き込んで女性からの返信を待っていました。

そして私が書き込みを行ってからわずか15分後に最初の女性からの返信メールがあり、メールには「変態的セックスに以前から興味があり、いつも男性といやらしい変態セックスをする妄想をしています。滅茶苦茶にして欲しいので、興味があれば返信下さい。」という内容が書かれていました。
私はすぐに「変態セックス、可能です。宜しければ今日の夕方18時に駅の改札口の前で会いましょう。」と返信し、実際に私達は駅の改札前で出会う事になったのです。

そしてその日の夕方、私と20歳のフリーターの女性は駅の改札口の前で実際に出会う事が出来、軽い食事とお茶をチェーン店のカフェで摂った私達はその後ラブホテルに行き、彼女が希望していた変態セックスを翌日の朝まで行ったのでした。

26歳独身男性会社員のメス豚体験

「このメス豚が!」 こんなセリフ、今までの人生で言う日が来るなんて思いもしなかった。
メス豚っていう責め文句はそりゃあAVやなんかでは見たことあるよ。
でも現実世界で使うとはおもわないじゃん。
この事態が起こったきっかけは彼女のちょっとしたカミングアウトからだった。
「あたし、エムなの」 「ああ、エムだということは知っていたが」 「そうじゃなくてドエムなの」 「ああ、ドエムね。
そうかもね」 おれは冗談だと思って本気で取り扱わなかった。
するとそれを彼女は察したのか、 「じゃあ、どれだけドエムなのか教えてあげる。
エッチしよ」 と言い出した。
エッチするのは全く異存はない。
早速いつも通り始めていると、「そうじゃない」 と容赦なく彼女のダメ出しが。
「これだと、こんなもんしか濡れない。
もっとこうして」 と彼女に促されるままにトライしていくと彼女の反応が全く違う。
そして極めつけが 「ここでメス豚って言って!!」 と叫ぶように求められた。
おれはもうすでに腰を振っている状態だし、ええい、ままよと思い、 「このメス豚が!」 と言ってやった。
すると彼女はぞくぞくきたようで、 「もっと」 と求めてきた。
これを言うと彼女の締まりもよくなることを実感してしまったおれはメス豚を連呼してやった。
連呼しながら激しく突いたら彼女は何度も何度もイってしまった。
セックスが終わった後もびくんびくんしていた。
おれはこんなにイってしまった彼女を見たことがなかった。
メス豚という言葉には秘められた力があることを知った。

淫らなビッチとの体験告白